弁護士紹介

未来創造弁護士法人のエキスパートたち


  • 代表弁護士
  • 三谷 淳 mitani jun
  •   

日本一裁判しない弁護士

税理士

株式会社エイアンドティー取締役(東証JASDAQ上場)

株式会社あつまる監査役

慶應義塾大学法学部出身。ゴールから逆算する勉強法で1996年に司法試験に最年少合格し、2000年に弁護士登録後は横浜の大手法律事務所に勤め、数多くの裁判を手がける。このころ旧日本軍の爆雷国家賠償訴訟に勝訴し、数々のマスコミに取り上げられる。

しかし、2006年に独立し、三谷総合法律事務所(現・未来創造弁護士法人)を設立すると、裁判で勝つことよりむしろ「裁判にならない事が大切である」と考えるようになり、徹底した紛争予防と話し合い(交渉)による早期解決を研究した結果、「日本一裁判しない弁護士」と呼ばれ、企業経営者から絶大な支持を受けるようになる。

2010年に同世代経営者勉強会【S70’s】を立ち上げ、延べ3000人の経営者メンバーと切磋琢磨するほか、京セラ創業者稲盛和夫氏から直々に経営哲学を学び、経営の王道を探求し、2013年には経済産業大臣より経営革新等支援機関に認定される。

弁護士の他にも、税理士、上場企業取締役の三役をこなし、法律サポートだけでなく数字と経営が分かる「経営を伸ばす顧問弁護士」として、上場企業から社員数名の企業まで全国のクライアントからの依頼に応える。
趣味は、Run(月200km)&Sweets (年600個)。

  • ■著書
    『本当に賢い人の 丸くおさめる交渉術』(すばる舎)
    『弁護士・税理士・上場企業取締役だから分かった伸びてる会社の
    意外な共通点』(合同フォレスト社)
    東洋経済オンライン(経営×経済×法律の観点から記事執筆多数)
  • ■講義、講演等
    慶應義塾大学法学部、法科大学院(2000年~2011年)
    SMBCコンサルティング(2017年~)
    浜銀総研(2018年~)
    その他、中小企業経営者向け、医療業界・不動産業者・産廃業者向けなど多数
  • ■その他
    公益社団法人神奈川県産業資源循環協会監事
    地方独立行政法人神奈川県立産業技術総合研究所監事
    判例法令研究会 【SUC 三谷会】主催
    盛和塾横浜幹事(世話人)
    中小企業家同友会横浜支部会員
    経済産業大臣認定経営革新支援機関
    神奈川県ニュービジネス協議会会員
    中法人会会員

長田 誠
  • 弁護士
  • 長田 誠 Osada Makoto
  •   

藤沢オフィス代表
未来創造弁護士法人初の支店を藤沢に開設し、地域企業を中心にリーガルサーピスを提供する。

地元の藤沢市立天神小学校、藤沢市立六会中学校、神奈川県立湘南高等学校を経て、中央大学法学部法律学科、中央大学法科大学院に進学。 「札幌ラーメンこぐま」の牛乳ラーメンと「ハルピン」のサンマーメンをこよなく愛し、湘南藤沢市民マラソンに毎年出場を誓う「日本一湘南を愛する弁護士」。

長い司法試験受験生活や厳しい空手の修行を通じて培われた誠実で忍耐強い人柄は、依頼者からの信頼も厚く、主に会社関係事件、相続事件、離婚事件等年間延べ1000件の交渉や訴訟、法律相談を引き受ける。

法人向けのコンプライアンスセミナーや個人向けの相続セミナーなどの講演を行うほか、母校中央大学での司法試験受験指導や、空手道場において準指導員として指導にあたるなど、後進の育成にも積極的に取り組む。

藤沢商工会議所や神奈川県中小企業家同友会湘南支部に所属し、湘南地域の中小企業の経営者と共に地域の活性化に取り組むほか、中央大学藤沢白門会(中央大学のOB会藤沢支部)の活動を通じ、毎年藤沢市に車椅子を寄付するのがライフワーク。

  • ■その他
    独立行政法人駐留軍等労働者労務管理機構契約監視委員
    神奈川県中小企業家同友会湘南支部幹事
    中央大学藤沢白門会幹事
    藤沢商工会議所会員

    昭和52年 横須賀市衣笠生まれ。
    趣味は極真空手(初段)、ベンチプレス(130キロ)、ジョギング(マラソン)など。

岩﨑 崇
  • 弁護士
  • 岩﨑 崇 Iwasaki Takashi
  • 契約書法的手続

未来創造弁護士法人 弁護士
横浜生まれ、横浜(本牧)育ち

横浜国立大学附属横浜中学校、東京学芸大学附属高校、首都大学東京都市教養学部法学系、慶應義塾大学法科大学院を経て、平成23年、1回目の受験で司法試験合格。
前橋修習を経て平成24年弁護士登録。

弁護士会や自治体での法律相談のほか、「国家戦略特区東京圏雇用労働相談センター」の相談員としてベンチャー企業の労務相談も担当する。 年間300件の相談実績があり、相談者からは、「じっくり話を聞いてもらえる」「穏やかで親近感が持てる」と評判になる。 また、顧問先向け法律講座や弁護士会主催のセミナー等、講師業多数。

顧問先のサポート業務、紛争解決・予防を専門にし、特に契約書作成・チェックには定評がある。「契約書作成分野では、弁護士も製造業」が持論。月数十通の契約書をチェックし、「契約書なら岩﨑に!」の呼び声が高い。

先手を打てる弁護士がモットーで簿記、行政書士、FP技能士の資格を取得し、経理、許認可、ファイナンシャル・プランニング、不動産等、関連分野にも造詣が深い。

趣味のカラオケは昭和から平成まで全ジャンルを歌いこなす。主食は餃子。

    • ■その他
      慶應義塾大学法科大学院 助教
      公益社団法人横浜中法人会 青年部会
      神奈川県弁護士会 法律相談センター運営委員
      神奈川県弁護士会 就業問題対策委員
      横浜国立大学附属横浜中学校 同窓会幹事
      公益財団法人日本証券奨学財団 証券奨学同友会 首都大学東京代表幹事
      慶應義塾大学法科大学院労働法OB・OG会

      【メディア】 東京書籍EduTown(キャリア教育・職業調べサイト)

大矢 光
  • 弁護士
  • 大矢 光 Oya Hikari
  • 契約書 

東京オフィス代表
新潟県立新潟高校、慶應義塾大学法学部、中央大学法科大学院を経て、司法試験に一発合格。「スピードは価値」「スピードは熱意」をモットーに、顧客の最大利益と正義の実現を追求する。

県職員として福祉行政に携わる父と保育士の母のもとで育ち、仕事を通じて弱者に寄り添う両親の姿を幼少のころから見てきたため、自然と弁護士を志すようになる。

15年に及ぶサッカー歴があり、小・中・高・大学院においてキャプテンを務めた。誠実・実直な人柄で人望を集め、高校時代にはチームを新潟県ベスト8に導く。大学時代にはアルバイト先の寿司屋で接客ナンバーワンの評価を受けた経験があり、持ち前の細やかな気配りやサービス精神は弁護士業においてもいかんなく発揮されている。顧問先企業から毎年2000件以上の相談を受け、「とにかく返事が速い」と評判。

プロジェクトリーダーとして、新業態「接骨院専門顧問サービス」の立ち上げから事業を牽引し、全国各地で「接骨院ぎりぎりセーフ・ぎりぎりアウトセミナー」を20回以上開催。関東のみならず全国20都府県を超える治療院と顧問契約を結び、年間100件以上の相談を受けるなど、専門家としての信頼も厚い。

  • ■趣味
    サッカー(フットサルも可)、歌(カラオケ、ゴスペル)、お酒(出身地である新潟の地酒)、旅(自転車、登山、一人旅)など。

松本 圭以
  • 弁護士
  • 松本 圭以 Oya Hikari
  • 契約書法的調査

小中学時代をジャカルタで過ごし、多様な価値観や考え方に触れ、誰とでもすぐに打ち解ける社交性・共感力を身につける。
中学時代に生徒会副会長として約1000人の生徒から不要文房具を集め、現地の小学生に寄付をする寄付活動を立ち上げるという経験を通じて、主体的に物事に取り組むことの面白さに目覚める。

帰国後、アルバイトを通じて、法律を知らないことにより損をしている人がたくさんいるという現状を目の当たりにし、法律の専門家として人の役に立ちたいと思い弁護士を志す。その後、明治大学法学部・法科大学院に進学し、司法試験に合格。持ち前の積極性と行動力を発揮し、未来創造弁護士法人入所直後から大車輪の活躍を見せる。

現在は、行政書士資格も取得し、弁護士会の民事裁判手続運用委員会に所属するなど、日々法律への勉強を怠らない。

顧問先の法務担当者へのわかりやすく実践的なアドバイスにより、「頼りになる」「安心できた」など喜びの声多数。経営者からの信頼が厚く、経営者・社員向けの法律セミナーも好評を博す。

依頼者の思いを実現するためとあれば、フットワーク軽く現場に駆け付けるなど、努力を惜しまない。依頼者一人ひとりに寄り添い、それぞれの抱える問題の核心を掴み、弁護士という枠にとらわれないベストな解決を目指す。

  • ■趣味
    ジム通いと料理

植月 沙知
  • 弁護士
  • 植月 沙知 Sachi Uetsuki
  • 契約書法的調査

共立女子中高、中央大学法学部および同法科大学院を経て平成24年弁護士登録。中学時代に証券会社に勤務する父の話を聞き、社会や仕事への興味を持ち、法律や契約の重要性に気づいて弁護士を志す。

弁護士登録後は、消費者被害事件、建築紛争事件、顧問企業のサポートなどを中心に紛争の解決に尽力する。消費者被害事件には造詣が深く、カネボウ白斑被害事件、光ファイバーリース被害事件など著名事件においても弁護団において重要な役割を担い、数百名の原告団をまとめて和解を成立させた。

また、建築紛争事件に多数の実績があり、特にオリジナルの図面を用いての説明や主張は、クライアントだけでなく裁判所にも分かりやすいと好評を博し、事件の早期解決を実現している。

平成29年、チームで仕事をする経営理念と、高い目標に向かって努力をする事務所風土に惹かれて未来創造弁護士法人に移籍。
契約書チェック、売掛金の回収、紛争解決交渉など顧問先企業の幅広いニーズに迅速に応える。

  • ■趣味
    テニス、ゴルフなど。